ふるさと珍道中 ver.2

ちょぴりお茶目なアニーハが繰り広げる多面体の深層心理

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

次回予告・・フラオンパクに参加してきました。

  以前に紹介しましたが、今回のツアーを主催するスポッツさんに招待されて、我々珍道中一行も参加してまいりましたよ。今回は定員を上回る30名近い参加がありました。

 IMG_6777.jpg
観光番所前で再会を喜び合うスポッツさんとアニーハ(私)

今回のツアー内容は以下のとおりです。

いわきの戊辰戦争と幕末遊撃隊  ←クリック

開催日時 09/01/18   09:00
開催時間9:00~14:00
所要時間5時間
定員25名
参加料金3800円

【コース】湯本駅[9:00]出発→茨城県平潟港周辺見学→勿来切通し→植田八幡山通過→ 渡辺町旧新田峠散策→旅館「住乃江」にて食事→湯長谷藩跡地散策→湯本駅着[14:00]

脱藩大名と幕臣達、「遊撃隊」の戦いの跡を辿る
 いわきの戊辰戦争に助っ人として参加した「遊撃隊」。幕末、唯一脱藩した千葉請西藩大名「林忠嵩」と京都出身で、後に土方歳三達と函館で共に戦った幕臣「人見勝太郎」達、時代へ抗おうとした侍の物語。湯本逗留、平潟港での官軍迎撃作戦から新田坂での戦いまでの3週間の経過を辿るコースです。

IMG_6666.jpg 
いかにも全てを理解したかのように堂々と勿来切通しを下るアニーハ(左)とオガちゃん(右)
私には瞳孔が開いているように見えました・・・350


ブログ作者I.K.の感想
 とにかくスポッツさんの知識量は半端じゃない。今まで数え切れないほどアカデミックな会に参加してきましたが、その中でも彼はとび抜けた天才じゃないでしょうか!!
 
 ほぼ五時間しゃべりっぱなしで、あらゆる幕末の歴史が物語となり、あたかも自分で見てきたかのように克明に描写しながら話しを展開していくのです。
 
 まるで、たった今、過去にタイムスリップして確認して戻ってきました・・・というのが妥当な表現だと思います。
 
  それが、当事の聞いたことのない登場人物と皆が良く知る昔の偉人との人間関係、家系、細かな出来事などを詳しく解説しながら、話しに淀みや重複も殆どなくリズミカルに展開していくのです。

 その頃の歴史に興味のある方にとってはたまらないと思います。

果たして参加しての感想はどうだったでしょうか?インタビューの結果です。

アニーハ・・・・・・・・・・・・・・なんとなく分かりました。
オガちゃん・・・・・・・・・・・・・うんわかったよ。
ドウチン・・・・・・・・・・・・・・・難しいですね。
スタッフI.K・・・・・・・・説明が時折呪文のように聞こえました。
特に私の場合、普段から脳の神経回路を保護するために、極度に難解な話などの外乱を自動的に遮断するインターロックシステムが備わっているのです。

今後の研究課題
①アニーハ(私)とオガちゃんは本当に理解したのだろうか?
②果たしてわたし達の理解という名のベンチマークはどこにあるのか?
③わたし達は実は秀才なのでは?

これは次回の本編で明らかになるかも?
しかし、私たちを主観的に見ると No.  we  can’t.・・・? 

そしてさらに・・・2/8の「エイサー・六段・天下一」いわきの偉人達の謎とき旅にこりもせず。また招待されてしまったのです。ほんとにこれでいいのでしょうか?

京・江戸へ出たいわきの文化人達の魅力を再発見←クリック

 江戸時代前半にいわきで生まれ、又縁のあった人物 3人の数奇な運命を探るツアー ◆400年程前にいわきから沖縄へ渡りエイサーの起源になったという説がある「袋中上人(たいちゅうしょうにん)」と招き猫の逸話 ◆近世筝曲の祖「八橋検校(やつはしけんぎょう)」と磐城平藩内藤家「内藤風虎(ないとうふうこ)」の出会いと、それにまつわるエピソード ◆大野出目家4代目となった「天下一」の称号を持つ能面打ち師「出目洞白(でめとうはく)」の知られざる生涯 上記3人にまつわる記念碑、寺、作品を巡り、「八橋検校」・「袋中上人」縁の芸能を披露するプログラムです。

It`s not possible to understand. です。

スポンサーサイト
  1. 2009/01/21(水) 17:21:16|
  2. ふるさと探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<やっと更新する意欲が沸きました・・・・ | ホーム | みんなの憩いのプレイス・21世紀の森公園です!>>

コメント

こんばんは、スポッツです。共同ガス御一行様には御無理を聞いて頂き御参加ありがとうございました。
色々、お褒め頂き?ありがとうございます。
ちょいとマニアックだったかもしれませんが篤姫とかが追い風で幕末に関心がある方がいたのも良かったのかなと思います。
詳しい事は分からなくても歴史に興味を持って頂く切っ掛けになれば幸いです。
あたかも自分で見てきたかのように(笑)・・歴史ってのめり込むとそういう処があります。
「エイサー・六段・天下一」いわきの偉人達の謎とき旅は年代が遡るので、更に煙に巻く状況かも知れませんがお付き合いの程、宜しくお願いします。
本編も楽しみにしています。
スポッツ


  1. 2009/01/21(水) 21:22:11 |
  2. URL |
  3. スポッツ #-
  4. [ 編集]

郷土の歴史を知る好機

近世筝曲の祖「八橋検校」に関して、私の手元にある「いわき歴史新聞」に詳しく載っています。
参考になるかと思うのですが、スタッフの皆さん、必要ならコピーでもFAXでもお送りしますよ!

>2/8の「エイサー・六段・天下一」いわきの偉人達の謎とき旅にこりもせず。また招待されてしまったのです

とかく郷土史は、灯台下暗しというか知っているようで知らないばかりか、いざ勉強してみると、その深さに驚くのも無理はないですよね…何せ、学校では殆ど教えてくれないのですから!

郷土史は、強烈な好奇心を持って、且つ猛烈に独学するしか術がない分野だと思います。

今回はスポッツさんという素晴らしい導師もいらっしゃるようなので、あとは優秀なスタッフのの皆さんの、今後の努力と報告に期待してます。

Yes, you can !
  1. 2009/01/25(日) 01:24:18 |
  2. URL |
  3. メフィラス星人 #JgHze70U
  4. [ 編集]

卒倒した

インタビューに回答された方は、小学生?!
いやいや、糸井重里ゆずりの天才コピーライター?!
この壮大なツアーを、いとも簡単に一言で片付けてしまう彼らに卒倒。
  1. 2009/01/27(火) 11:53:25 |
  2. URL |
  3. エレジー #-
  4. [ 編集]

私は小学生以下の知識レベルです。おそらく他の人間?似たようなものかと、強い疑念を懐いておりますv-14。ビックリさせてすみませんでした。v-12
  1. 2009/01/28(水) 10:20:18 |
  2. URL |
  3. Ⅰ.K. #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kyodogas.blog59.fc2.com/tb.php/94-c7930d7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ管理

製作ポリシー

取材場所と製作のポリシー ●ビジネスや商売に結びつかない事 ●原則いわき市内で、どういうわけか内郷地区と常磐地区が中心 ●あたり障りなく取材でき、結果して人畜無害であること

アニーハとはなんぞや?

ア○ハ元建築士に似ているため名付けられた。しかしながら、頭髪には偽装もなく、嘘のつけない真面目な男である。

ブログ内検索

最近の記事

皆さんからのコメント

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。